My name is Katsu Ishida. I was born in Osaka, Japan.

When I started painting, I wanted to draw a picture based on Japanese culture.

I have a house in the Himalayan mountain and I used to teach the local people how to make “Washi”(Japanese paper) to  increase  the  small  economy  there.  and  I  had  a  stock of Lokta paper with me. It is chemical-free and sun-dried paper same as the traditional method.

We, japanese have been drawing pictures on paper since ancient times.

Because this paper is so strong that I tried various existing paints but it was impossible to use any paint on the paper. So I decided to make my own ink.

Also, since the normal brush loses to the paper,  I decided to make a brush suitable for this paper.

When I draw, I often follow the memories of the past and draw while crying.

And there is no eraser in Japanese painting, I meditate in front of the paper and I draw the lines at once. If I can not draw as I think, it will be thrown away.

in the screen , I make a part that I can not control. and I finish up in the conversation between “accident” and “me”.

I think that is because the nature of Japan changes dramatically and does not become as human beings expect., and we have  DNA  that  has  lived  in  harmony  while  we accepting nature.

 

We are a group of artists who draw contemporary paintings based on Japanese traditional tehniques. we have formed Japanese contemporary, that is, Neo-Japo ism, Neja-ism, and exhibit around the world.

Thank you very much for coming an opening party today.

And I would like to express my deep appreciation to the people who have given this opportunity and everyone who helped me in this exhibition.

 

 

Japanese:

私は石田克で、日本の大阪に生まれたアーティストです。

絵を始めるときに、日本の文化に基づいた絵を描きたいと思いました。

私は、ヒマラヤ山中に家があり、昔、地域の経済を増大させるために、和紙の作り方を教えていて、手元に、ロクタ紙の在庫がありました。化学薬品を入れない、太陽で乾燥させた、昔の製法と同じものです。

日本人は古来、紙の上に絵を描いてきました。私は、このロクタ紙に絵を描くことにしました。この紙はとてもストロングなので、様々な既存の絵の具を試しましたが、すべて無理でした。そこで、自分で絵の具を作ることにしました。また、既存の筆では紙に負けてしまうので、自分でこの紙に適した筆を作ることにしました。

絵を描くときには、往々にして過去の記憶をたどり、涙を流して描くことが多いです。

また、日本画には消しゴムが存在しないので、紙の前でじっと瞑想して、描くときには一気に線を入れます。思うように描けなければ、捨てます。

また、画面の中に、私の意思ではコントロールできない部分を作り、偶然と私との会話の中で仕上げます。

それは、日本の自然は激しく変化して、人間の思うようにならないので、我々の中に、自然を受容する中で調和しながら生きてきたDNAがあるからだと思います。

 

私たちは、日本伝統技法に基づき現代絵画を描く作家の集まりです。ジャパニーズコンテンポラリー、つまりつまりネオジャポイズム、ネジャ派を結成し、世界各地で展示をしています。

本日は、オープンパーティにお集まりいただき心から感謝します。

また、この機会を与えていただいた関係者、展示をお手伝いいただいた全ての方に深い感謝をいたします。ありがとうございました。

Tota Pulchra: Associazione per la promozione sociale   —   C.F.: 97939900581

Sede Legale: via della Paglia 15 - Roma (RM)   —   IBAN: IT16L0623003218000063594579

Tota Pulchra
Tota Pulchra Events
Twitter
Youtube
Instagram